ブログ更新を合言葉に何度でも立ち上がる村武です!

 

今日もふと、日本人が桜が好きな理由を考えていましたが、全くうまい言葉が浮かびませんでした。

ごめんなさい。

 

さて、何事もスタート切るには区切りのいい4月なので、始めます!

カットクロスの封印解きまして春夏バージョン

IMG_1450 IMG_1453 IMG_1454 IMG_1456 IMG_1457

はい。そうです。バーバー界を賑わしている中村商店さんのカットクロスです。よくFB等で紹介されているのを見た人も多いんじゃないでしょうか(業界関係者のみ)!

実はすべての製品が中村商店さんのこだわりで、そのシーズンで作った製品は要望があろうとも再生産しないんです。

完全限定生産なので、こだわりという気持ちが薄れることがありません!

みんなが持ってたら嫌になってしまう人も安心です!

すでに3種類くらい製品を購入していますが、毎度この梱包を見て、その重要性を考えさせられます。

たった一枚のクロスに対して、よく来たね!と言ってあげたくなるような演出。

いいですね。

 

中村商店さんに関するエピソードで好きなのがこれです。

*抜粋禁止でしたら、すぐに消します。


 

【クロスのシルエットとデザインについて】

先日、弊社のBarBerShop事業部 Men’s Hair Atelier Soleil Levant の方へ、商材などを届けてくださるディーラーの営業の方からこんなご提案をいただきました。

「クロスに袖をつけた方がいいですよ。その方が美容室さんにはウケると思います。」

そうなんです。
弊社のクロスには袖口はついておりません。

なぜだと思いますか?

良いBarBer Shopにご来店くださる男性のお客様は、カットをしている間、暇を持て余して雑誌を読んだりしないんです。

手をだしていてもやることはありません。
携帯もいじりません。
パズドラなどは糞食らえです。

BarBerと談笑するためにBarBer Shopへ通ってくださいます。
“ついでに”髪も切るんです。

その務めを怠る店では、弊社の商品は便利が悪いかと思います。
どうぞ、ご購入はご遠慮ください。

ご提案いただいたディーラーの営業の方の意見はすごくよく理解できます。
しかし、BarBerのことを理解していない。
BarBerのところへ通うTrue Gentsたちを理解していない。


そんな思いから生まれてるのを知ると、身の回りの道具に負けないように仕事を突き詰めていきたいですね。